FXってなに FX取引(外国為替証拠金取引)についての豆知識


FX入門 ?FXって何??

最近人気の「FX」とは何でしょうか?

 

FXとは外国為替(Foreign Exchange)の略で、一般的には外国為替証拠金取引の事をいいます。
外国為替保証金取引とは、保証金を担保としてその何倍もの取引単位で外国為替の売買を行う事ができる金融商品の事です。
一言にまとめると外国の通貨を売買する取引の事で、その流通性や安定性から株よりもリスクが少ない事で話題になっている投資スタイルです。

 

では、外貨預金とFX(外国為替保証金取引)との違いは何でしょうか。
ドルやユーロ等、日本円以外の通貨でする預金を外貨預金といいます。
外貨定期預金は国内外の金利情勢にもよりますが円預金と比べて金利が高く、為替差益が得られる等の利点があります。
その反面、元本保証が円ベースではされず、為替差損の可能性があるという事もあります。

 

外貨預金に対して、FX(外国為替証拠金取引)にはレバレッジを利用する事ができるという特徴があります。
レバレッジが10倍の場合、10万円の保証金で1000万円の運用が可能なので、ハイリスクでハイリターンな取引法ともいえます。

初心者の為のFX解説

FX(外為証拠金取引)とは、「外為取引」と「証拠金取引」がひとつになった取引を言います。
「外為取引」とは、2カ国間の通貨を交換する外貨投資の事です。

 

株式とFXとを比較する際に一番大きな違いは値動きです。
元々為替というものは値動きが小さいので、基本的にはFXは株式よりも低いリスクで行う事ができるものなのです。
それにFXは、他の外貨商品にはない「売り」から入る取引を行う事ができます。
株でいう信用売りと同様な感じですが、売りから入る取引形態だと価格が下がると利益が出るのです。
いかなる為替相場でも利益を得られるFXは、価格が上がった場合しか利益が出ない他の外貨商品と比べ有利な商品といえます。

 

その他のメリットとして、FXは外貨交換の際の手数料が他の外貨商品と比べ非常に定額です。
円をドルに交換する場合を例に挙げると、1ドル当りの往復手数料は外貨MMFでは1円、外貨預金では2円です。
ですがFXではこれが20銭になり、会社によっては無料の場合もあります。
それにスワップポイントと呼ばれる利息は毎日受取る事ができ、複利で運用する事も可能な上に他の外貨商品よりも高いのです。

 

外貨投資は資産の分散においてとても有効な手段で、外貨の資産を持つ事はとてもお勧めです。

おすすめ情報商材

初心者におすすめFX情報商材

おすすめFX情報商材