FX(外国為替証拠金取引)のリスク /FX取引


 

 

FX(外国為替証拠金取引)のリスク

FX(外国為替証拠金取引)が最近とても注目を集めていますが、メリットばかりではありません。

 

 

雑誌や書籍等でよく目にする記事は、「FX(外国為替証拠金取引)はリスクが大きい事がデメリットだ」というものです。

 

これは、FX(外国為替証拠金取引)がレバレッジ取引である事によるのでしょう。

 

ですが、預ける証拠金の額でレバレッジを調節すれば自分の許容範囲内のリスクにコントロールする事が可能です。

 

知識をしっかりと身につける事でこういったダメージは防ぐ事ができます。

 

 

その他に、FX(外国為替証拠金取引)にかかるリスクとしてはどんなものがあるでしょうか。

 

 

全ての金融商品に必ず伴うのが為替リスクです。

 

為替リスクとは、為替の変動によって為替差益が発生する可能性があると同時に元本割れする恐れもあるという事です。

 

 

次に信用リスクというものがあります。

 

FX会社を選ぶ際に、全く無名の業者を選ぶような事はリスクを伴います。

 

法整備の遅れでFX会社から証拠金を引出す事ができないという問題も以前はあったようです。

 

その為取引業者の信用リスクは強く叫ばれますが、これは業者の淘汰が進んだ事により現在ではかなり軽減されています。

 

 

そしてもう一つがネット取引に必ずつきもののシステムリスクです。

 

大きくレバレッジをかけていたり、デイトレードのように短時間で売買をするような取引の場合は特に深刻な問題です。

 

システムトラブルによってこういった取引が受けるダメージは大変大きく危険なものとなるからです。

 

こういったリスクを少しでも抑える為には、分散投資を心掛けるようにしておくのが懸命です。

初心者におすすめFX情報商材

おすすめFX情報商材